• ホーム
  • ダイエットで思うように体重が減らないときに運動すると効果的な理由

ダイエットで思うように体重が減らないときに運動すると効果的な理由

2020年05月16日
運動している肥満の女性

ダイエットで食事制限をしたとしても、思うように体重が減らないケースも見られます。摂取エネルギーを少なくすることで体重を減らすことはできますが、効率の良いダイエットにはつながりません。効率よく成果を出したいのであれば、食事制限だけではなく運動を取り入れることが大切です。

運動が大切な理由は、体を動かすことで消費エネルギーを増やせるという点です。消費エネルギーが増えることによって脂肪が燃焼されるので、効果的なダイエットにつながります。本気で痩せたいと考えているのであれば、積極的に運動する習慣を作っていきましょう。

運動の中でも特に大きな効果が期待できるのが、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動です。体を動かすときに酸素が必要なタイプのジョギングやウォーキングなどは、脂肪が燃焼されやすくなります。実際にジョギングやウォーキングなどをするときには、20分以上、できれば30分は続けるにしましょう。この理由は脂肪が燃焼され始めるのが20分以上経ったタイミングなので、30分は続けることがとても大切です。

またジョギングやウォーキングなどは、無理に毎日続ける必要はありません。1日置きでも問題はないので、無理せずに自分のペースで続けるようにしましょう。速く走ることが大切と思っている方もいますが、スピードは関係ありません。正しいフォームで30分くらいは体を動かすことがポイントの1つです。

また有酸素運動だけではなく、筋トレを取り入れることもダイエットのためには欠かせません。筋トレをすることによって、脂肪が消費されやすい環境を作っていくことにつながります。実際に筋トレをする場合は、自分ができる範囲から手軽に始められるというメリットがあげられます。まとまった時間が確保できなくても、1分だけスクワットをするなどの積み重ねで痩せやすくなります。

体を動かすのが苦手という場合だと、運動することに抵抗を持ってしまうかもしれませんが、激しい動作をする必要はないので、自分にできることから始めていくことが大切です。仕事が忙しくて運動のための時間が確保できないなら、駅でエスカレーターではなく階段を使うなどの小さなことからスタートしましょう。今まで運動不足だった方は、無理に体を動かすと筋肉痛がつらくて続かなくなることもあります。無理をせずにできる動作から始めるというのも、ダイエットを続けていくポイントの1つです。